治療だけでなく、心から笑顔になれる整骨院です 新越谷整骨院

2011.04.30更新


四月も今日で終わり

明日から5月 ゴールデンウイーク突入です

新越谷整骨院は 明日から五日までお休みとなります。

スタッフ一同  リフレッシュし 6日から元気に診療いたします。

五月も 日曜診療は継続して行いますし

六月からは  年中無休で診療いたします。



月曜から金曜日までは今まで通り

土曜日は午前が9-1時 午後が4-7 と診療時間が長くなります

日祝は午前9時から午後5時まで通しで診療いたします

ただし 日祝のみ 予約制です。  

よろしくお願いします

投稿者: 新越谷整骨院

2011.04.24更新

 
4月14日に引越しをした際にちょっと無理をしてしまい

先週半ばに風邪を引いてしまい

細々としたことの片づけが進んでいません・・

このままGWに突入してしまいそうです。


お地震の影響で4月から日曜日に営業を始めたことや 

新人の研修 新しい技術への取り組みなど

ほんとに忙しい 1週間でした。




投稿者: 新越谷整骨院

2011.04.24更新

いつも向上しようとしている人】№604


笑福亭鶴瓶氏の心に響く言葉より…

実は弟子入りして間もないころ、僕は一度、東京に進出しているんです。

ところが、失敗した。

あるテレビ番組で、意見が合わないディレクターとケンカをしましてね。

「ナメやがって」と頭にきて、生放送で素っ裸になった。

もう危険人物扱いでした。


でも、結果的には僕はこの大きな失敗でヒントをつかむんです。

それは、どんな小さな世界でも、やっぱり中心人物でないと注目はしてもらえないんだということ。

それで大阪に一度、帰るんです。

ここから自分の世界をつくることを考えるようになった。


「アイツと一緒に仕事がしたい」と思われたい。

そうなるためには、自分の世界を持ち、自分の型を持たないとダメやと。


若いときを振り返ると、ポイントは2つあったと思っています。

ひとつは、生きていくうえでの基本をちゃんとするということです。

僕は内弟子時代に結婚していて、私生活はものすごく安定してた。

これは大きなポイントでした。

また、家をきれいにする、約束を守る、お礼の手紙を書く、そういう基本を

きっちり続けることが、自分の型の基本をつくってくれたと思ってます。


あとは、やっぱり自分の型ができたこと、そしてそれにこだわり続けたことですね。

あきらめずに自分を変えないで頑張っていると、ちゃんとだれかが見てくれるもんなんです。

自分を忘れ、余計な計算で横にそれたりするとダメになる。


特に若い人に言っておきたいのは、今を喜び、大事にしてほしいということですね。

今を飛ばして先に起こる結果ばっかり気にし過ぎたり、世の中の価値観で見過ぎたら

ダメになるんです。


神様から「お前もなんかせい」と言われて人は生まれてきてるんやと思う。

だから、自分を信じるべきやと僕は思ってます。

焦らんでいいんです。

種をまいて、花が咲くのを待つ。


いつも向上しようとしている人は、誰からみても素敵なものなんです。
 

『プロ論』徳間書店



武道においても、茶道や、華道でも「型」は基本中の基本だ。


「型」がしっかりと出来ていない人は、出会いがしらの成功はあるかもしれないが、

継続して成功し続けることは少ない。


挨拶、返事、姿勢、礼儀と言った「型」とは別に、その人の独自の表現形式である

『スタイル』という「型」もある。

自分のスタイルを追求し深めれば、自分独自の世界ができる。

そのためには、今を大事にすること。

今がぼんやりとして不鮮明な人は、自分の足跡を残せない。


人は誰でも、この世で何かを表現し、何かを残すために生まれてきた。

だから、いいことにも、悪いことにも意味はある。


いつも向上しようとしている人は、光り輝いている。




□□□□□□□□

【人の心に灯をともす】

メルマガ登録はこちら(空メールで登録できます)
    ↓
00564226s@merumo.ne.jp

投稿者: 新越谷整骨院

2011.04.24更新

いつも向上しようとしている人】№604


笑福亭鶴瓶氏の心に響く言葉より…

実は弟子入りして間もないころ、僕は一度、東京に進出しているんです。

ところが、失敗した。

あるテレビ番組で、意見が合わないディレクターとケンカをしましてね。

「ナメやがって」と頭にきて、生放送で素っ裸になった。

もう危険人物扱いでした。


でも、結果的には僕はこの大きな失敗でヒントをつかむんです。

それは、どんな小さな世界でも、やっぱり中心人物でないと注目はしてもらえないんだということ。

それで大阪に一度、帰るんです。

ここから自分の世界をつくることを考えるようになった。


「アイツと一緒に仕事がしたい」と思われたい。

そうなるためには、自分の世界を持ち、自分の型を持たないとダメやと。


若いときを振り返ると、ポイントは2つあったと思っています。

ひとつは、生きていくうえでの基本をちゃんとするということです。

僕は内弟子時代に結婚していて、私生活はものすごく安定してた。

これは大きなポイントでした。

また、家をきれいにする、約束を守る、お礼の手紙を書く、そういう基本を

きっちり続けることが、自分の型の基本をつくってくれたと思ってます。


あとは、やっぱり自分の型ができたこと、そしてそれにこだわり続けたことですね。

あきらめずに自分を変えないで頑張っていると、ちゃんと

だれかが見てくれるもんなんです。

自分を忘れ、余計な計算で横にそれたりするとダメになる。


特に若い人に言っておきたいのは、今を喜び、大事にしてほしいということですね。

今を飛ばして先に起こる結果ばっかり気にし過ぎたり、世の中の価値観で見過ぎたら

ダメになるんです。


神様から「お前もなんかせい」と言われて人は生まれてきてるんやと思う。

だから、自分を信じるべきやと僕は思ってます。

焦らんでいいんです。

種をまいて、花が咲くのを待つ。


いつも向上しようとしている人は、誰からみても素敵なものなんです。
 

『プロ論』徳間書店



武道においても、茶道や、華道でも「型」は基本中の基本だ。


「型」がしっかりと出来ていない人は、出会いがしらの成功はあるかもしれないが、

継続して成功し続けることは少ない。


挨拶、返事、姿勢、礼儀と言った「型」とは別に、その人の独自の表現形式である

『スタイル』という「型」もある。

自分のスタイルを追求し深めれば、自分独自の世界ができる。

そのためには、今を大事にすること。

今がぼんやりとして不鮮明な人は、自分の足跡を残せない。


人は誰でも、この世で何かを表現し、何かを残すために生まれてきた。

だから、いいことにも、悪いことにも意味はある。


いつも向上しようとしている人は、光り輝いている。




□□□□□□□□

【人の心に灯をともす】

メルマガ登録はこちら(空メールで登録できます)
    ↓
00564226s@merumo.ne.jp

投稿者: 新越谷整骨院

2011.04.18更新


(木)に自宅マンションからマンションへの引越しをしました。

マンション住まいだから荷物はそんなに無いとふんでいたら、

荷物が後から後から出てきて、思いきって捨てたにもかかわらず

ダンボール箱はかなり数になり まだ部屋の隅に積んであります。

地震の影響もあって 注文した家具もまだ届かないし

エアコンもまだ 落ち着くには一月くらいかかりそうです。

 


投稿者: 新越谷整骨院

2011.04.13更新

                         

日曜日に引越しの準備であわただしいので

さらりと食べられる食事ということで越谷駅前の

メキシコ料理の エルカメミーノに行きました。

齲ちの家族は皆 メキシカンが好きで お腹一杯食べてきました。

アボガド入りのトルティーアがおすすめです!

投稿者: 新越谷整骨院

2011.04.11更新

              

桜が満開です

花が咲いていなければ きっと気づかないでしょうが 

車で走ってみると あちこちに桜の木があることに気づかされます。 


昨日は越谷寄りの東川口の用水路に沿って1キロ近く桜を見つけ

ちょっと車を止め お花見をしました。



投稿者: 新越谷整骨院

2011.04.06更新

    



日曜日に越谷コミュニティーセンターで

日本陸上連盟A級トレーナーであり日本代表選手を沢山診ている

引網先生を招き

 成長期の下肢のケア  というテーマで

痛みの原因やストレッチを中心としたケアの仕方など

二時間ほど講演してもらいました。

指導者の先生や子供そして親御さんで50人近く参加者があり

引網先生の話のうまさで、皆さん真剣に聞いていただけました。

ご協力いただいた關係者の方 スタッフに

感謝です

投稿者: 新越谷整骨院

2011.04.03更新


昨日の発表で新越谷整骨院は計画停電の  除外地域になりました

今後は通常通りの営業となります

安心して来院してください。


今日は日曜診療の1日目でした。

来院した患者さんから 静かね  と何人もの方からいわれました

いつもと違いゆったりとした雰囲気の中で治療しました。

来週も引き続き行いますので、是非御利用下さい 

投稿者: 新越谷整骨院

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ